eスポーツ

【Valorant】2022 VCT Stage1で注目すべきチームについて紹介!

【記事公開日】2022/02/12
【最終更新日】2022/06/03

vctstage1

2月15日より予選が開幕する「2022 VALORANT Champions Tour Challengers Japan Stage1」

先日公式よりグループ分けが発表されたので、個人的な注目チームを各グループごとにまとめました!

大会スケジュールは以下となっており、配信が行われるのは19日からとなります。

・Week1 Open Qualifier Day1 / Day2    2022年2月15日(火) / 17日(木)

試合時間:19:30〜23:00を予定

・Week1 Open Qualifier Day3    2022年2月19日(土)

試合時間:終日予定

・Week1 Main Event    2022年2月26日(土) – 2021年2月27日(日)

試合時間:終日予定

GroupA注目チーム

EVA:e

昨年11月にVALORANに参入発表と同時に元プロゲーミングチーム思考行結(SK)のRicoとArm1eが加入、その後もメンバーの公募を行い今年の1月にEROC、M4sh、Lilyが加入しました。

昨年のVCTではMainEventに出場し激闘を繰り広げたRicoとArm1e。

複数タイトルでのプロ経験を活かしLAG Gamingでも活躍を見せたM4sh。

BlackBird Ignisのコーチなどコーチ目線を持ち合わせた国内屈指のIGLのEROCがどのようななプレイでGroupAを勝ち上がるか間違いなく注目チームの1つです。

EVA:e公式Twitter

REJECT

大きくラインナップ変更し話題となった「REJECT」。

昨年のVCTでもその圧倒的なフィジカルで魅せたHaReee、feez、Nrisenに加えて元「CrazyRaccoon」でストリーマーに転向していた国内屈指のジェット使いZepher。

シンプルな上手さで魅了してくれたMedusa。

更にはVALORANT Champions Tour 2021 Japan Stage 3では日本1を奪還し世界大会に出場した「ZETA DIVISION」よりReitaがレンタル移籍。

takejが移籍となり正に“DESTROYER”とも言える6人体制での活躍を発表しました。

今大会では、その圧倒的なフィジカルで並み居る強豪を破壊する事が期待できる注目チームの1つです。

REJECT公式Twitter

GroupBの注目チーム

FENNEL

昨年の2021 APAC LCQに出場し改めてチーム力の高さと個々の強さを魅せた「FENNEL」。

元「DetonatioN Gaming」のmittiiiや国内でも5本の指には入ると言われるソーヴァ使いTENSAI。

韓国人特有のアグレッシブなプレイとエイム力で道を切り開くJinxなど強力な選手が所属しています。

どの大会でも安定した強さと予測不可能な作戦見せており今大会もどの様なプレイが出るか楽しみなチームです。

FENNEL公式Twitter

SOLAR ANTHEM

今年の2月にメンバー5人の加入を発表したSOLAR ANTHEM。

メンバーは、元「SETOUCHI ENLIFE」のHakuja、fujiyama、akim、ganhoiに加えて灰鳥を加えた5人です。

前チームでは、「Sengoku Gaming」「SCARZ」「Icicle Conflict」などに勝っており今大会も新メンバーでどこまで勝ち上がるか注目のチームです。

SOLAR ANTHEM公式Twitter

GroupCの注目チーム

Crazy Raccoon

VALORANT Champions Tour 2021 Japan Stage 3では準優勝し世界大会では思うような結果が残せなかった「Crazy Raccoon」ですが大幅にロースターを変更。

元「NORTHEPTION」のAstell、Meiy。

元「BBI」のPopogachi。

1度脱退していたMunchkinと再契約をし、そこにnethも加わりました。

いずれの選手も国内トップクラスの実力を持っており、特にAstellの加入により課題であった言語の壁によるコミュニケーションエラーが減り、またIGLが変わることにより盤石なチームに変わると予想しています。

間違いなく1、2位を争うチームです。

Crazy Raccoon公式Twitter

Jadeite

昨年の9月に株式会社Anvilが設立したJadeite。

VALORANT部門の設立に伴いヘッドコーチにNoppoの就任を発表、突然の発表に衝撃が界隈に走りました。

その後、韓国のトップチームを渡り歩いてきたHateと元「NUTURN Gaming」のallowが加入。

そして今年の1月にAnker (元AVALON Gaming) 、SylFy (元FAV gaming) Masamune (元Crest Gaming)が加入。

いずれの選手も昨年のVCTやコミュニティ大会で存在感を魅せた選手です。

FPS界のレジェンドを筆頭に、このチームがどの様ようなゲーム展開を見せてくれるのか多くの人が注目しています。

間違いなく注目のチームです。

Jadeite公式Twitter

GroupDの注目チーム

DETONATOR

昨年の後半期は競技シーンからは遠ざかっていた「DETONATOR」ですが、昨年の10月に新ロースターを発表。

既存メンバーのFifTyに加え、Skyfull(元SunSister)、MrTenzouEz(元Gaming Team SELECTOR)、Xiaouno、K1llgrave元(Insomnia)が加入。

初期の競技シーンから活動するSkyfull、若さ溢れるプレーで魅せるMrTenzouEz、アマチュアながら前チームでREJECTを破るなど実績を持つK1llgrave。

競技シーンから離れ息を潜めていたDETONATORが、今大会ではどの様なプレイを見せてくれるのか注目です。

DETONATOR公式Twitter

SCARZ

昨年は公式大会にとどまらず、コミュニティ大会などでも強さを見せたSCARZ。

しかし国際大会に惜しくも出場出来ず、自身たちでも「何も出来なかった2021年」と語っていました。

そんな中、ロースターを大きく変更し既存メンバーのmarin、ryota、C1nderに加えて新たにAnthemが「FAV gaming」よりレンタル移籍。

元「Hexad」よりShuzz、そしてsioが加入しました。

新たに6人体制でのスタートとなったSCARZがどこまで勝ち上がるのか、そして今年こそ世界への切符を手にできるのか注目です。

SCARZ公式Twitter

GroupEの注目チーム

IGZIST

昨年の12月に発足し、元「BlackBird Ignis」のメンバーのoitaN、poem、RIPablo、Pepperが加入。

同月には、Overwatchでプロ経験を持つAskが加入。

そして韓国競技シーンより元「DRX (Vision Strikers) 」Lakiaが加入して界隈を驚かせました。

新たに6人体制での活動を発表したIGZISTはいずれのメンバーもトップシーンで活躍しており、特にLakiaは、NUTURN Gamingとして世界3位の経験も持ち合わせています。

IGZISTがどの様なチームになっているかは全く予想がつかず様々な憶測が飛び交っています。

今大会でその答えが見れることを楽しみにしている注目チームです。

IGZIST公式Twitter

DetonatioN Gaming

昨年は思うような結果が残せず再編成を行ったDetonatioN Gaming。

昨年の10月に同チームのPUBG部門で活動していた「DetonatioN Gaming White」の3人を迎え入れることで再スタートを切りました。

そして昨年の12月に元「NUTURN Gaming」のSuggestを迎えれました。

その後に、HSKと元「Feeling」Killerの加入を発表。

6人体制での活動をスタートしました。

経験豊富なメンバーが集う未知数のチームが、今大会どこまで勝ち上がるのか注目です。

DetonatioN Gaming公式Twitter

思考行結

昨年は、「SCARZ」や「REJECT」に接戦。

「LAG Gaming」や「FENNEL」と引き分け。

「DetonatioN Gaming」「HEXAD」「GTS」を破りMain Eventに出場するなど、新規チームでありながら素晴らしい活躍を見せた思考行結ですが、昨年の11月より公募を開始してラインナップを大きく変更。

今年の2月に新ラインナップを発表しました。

「THE SHABLES」で活躍を見せたSeiLaN、Utaka。

そして国内初女性プロとなるsuzuが加入し既存メンバーのkokuya、A1tmaNの5人体制となります。

国内VCTでは初の男女混合のプロチームということもあり加入発表から注目を集めているチームです。

並み居る強豪相手にどの様な試合展開をしてそして今年こそプレイオフ出場を決められるのか注目です。

思考行結公式Twitter

GroupFの注目チーム

Sengoku Gaming

昨年の9月にVALORANT部門の再始動を発表したSengoku Gamingメンバーはベスト6入りを果たした元「Feeling」メンバーに加えて元「BBI」のストリーマーのhntを迎えて6人体制での活動を発表しました。

特に注目するのは、オーディンを自由自在に操り敵にとっては大きな脅威となるArtでしょう。

このArtの火力に加えてどの様な戦術が飛び出すのか注目です。

Sengoku Gaming公式Twitter

Hexad

昨年から大きなラインナップ変更したHexad。

元「REJECT」のKaminari、元「Fav gaming」のTORANEKOを新たに加えて、さらにはスタンドイン状態だったFlaxも加わりました。

トップシーンでの活躍の経験がある2名が加わったことによりどの様なチームに仕上がるのか注目です。

Hexad公式Twitter

Crest gaming

約8ヶ月活動を休止していたCrest gamingですが、昨年12月に再始動と共にKuuKai(元Lag Gaming)、Nerufi(元Northeption)、Alpha(元Nester)、SyoutaOwOの4人の加入を発表。

そして今年の2月にJemkinとSamuraiDが加入しました。

特にSamuraiDは国内のトップチームを渡り歩きOverwatchの競技シーンで日本代表として2度の世界大会出場経験を持っている選手です。

他の選手も競技シーンで活躍を見せた選手で今大会での活躍が期待できるチームです。

Crest gaming公式Twitter

GroupGの注目チーム

Reignite

昨年の11月にVALORANT部門の設立と共にDhimorutoo(元REJECT)、Kurozooted(元 思考行結)、SepiaMars(元Insomnia)など、国内VCTで活躍した選手に加えて、韓国競技シーンで活躍していたeKo、新進気鋭のFoxy9が加入。

そして直前ではhyouka(元Sengoku Gaming)の加入が発表されました。

いずれの選手もトップレベルでの経験があり間違いなくGroupGの壁となるチームです。

Reignite公式Twitter

ZETA DIVISION

VALORANT Champions Tour 2021 Japan Stage 3では日本1を奪還し世、界大会に出場した「ZETA DIVISION」。

しかし9月に2021 APAC LCQを辞退して12月には、大きくラインナップを変更する発表をしました。

2021 APAC LCQでは2位となった「NORTHEPTION」よりSugarZ3ro、TENNN。

「REJECT」よりDepが加入。

そしてbarceはクリエイター部門へ。

makibaは学業優先で活動休止となりReitaが「REJECT」へレンタル移籍。

takejも「REJECT」へ移籍となりました。

各ロールのトップレベルの選手と2人のコーチの存在により新ZETA DIVISIONは誰も予測が出来ませんが、再び王座に輝くのでしょうか。

間違いなく今大会No1の注目チームです。

ZETA DIVISION公式Twitter

GroupHの注目チーム

Fav gaming

Fisker、Mintyが移籍してからあまり思うような活躍を見せていなかったFav gamingですが、今年の1月にFisker、Mintyが再びFav gamingに復帰。

後日Anthem、xnfriが移籍となりました。

しかし残りのbazz、Phantom、L0Bもトップシーンでの経験があるため、そこにFisker、Mintyの前チームでの世界大会での経験も加わることによってFav gamingは全く違う生まれ変わったチームになると思います。

その生まれ変わったチームに注目です。

Fav gaming公式Twitter

NORTHEPTION

VALORANT Champions Tour 2021 Japan Stage 3では王者ZETA DIVISIONを追い込み、2021 APAC LCQでは惜しくも2位となったNORTHEPTION。

しかし、その後メンバーが全員脱退しどうなるかと思われていましたが、2月に新メンバーを発表。

韓国競技シーンで活躍していたMetero、JoxJoそして「Fav gaming」からxnfri「BLUE BEES」よりXandrite。

そして競技シーンでヴァイパー使いの強い印象を残した元「AVALON Gaming」BlackWizが1年ぶりに競技シーンに帰ってきて5人体制での活動を発表しました。

実力派5人が揃ったNORTHEPTIONどの様なチームなのか注目です。

NORTHEPTION公式Twitter

最後に

今回のVCTは、新規チームや強豪チームの大幅なラインナップ変更、韓国競技シーンからの移籍などあり勝敗予想ができない大会となっております。

今大会で、新たなVALORANTのメタや次なる猛者が現れ、更なる日本の競技シーンの強化に繋がると考えています。

予選開始まで残り3日となりましたが非常に楽しみにしています。

出場するチームの皆様、GLHFです!

2021年のVCT振り返り記事としては以下もおすすめです。

プロが解説!「VALORANT CHAMPIONS 2021」の見どころシーンを紹介

Have Fun編集部

投稿者の記事一覧

ゲームとeスポーツをこよなく愛する「Havr Fun!」編集部
eスポーツやゲームに関する様々なコラムをお届けします!

マスカット兄さん

投稿者の記事一覧

思考行結でスタッフをしていますマスカットです。普段は、マネージャーやヒューマンアカデミー広島校のチューターなどをしています。2021年3月より始まったぷよぷよ最強リーグでは配信スタッフを務めています。その経験を活かして皆さんに配信技術などについてお伝えできたらと思います。

関連記事

  1. reactionrate 【FPS・TPS】反応速度・反射神経を鍛える方法!これを意識すれ…
  2. puyopuyosaikyouleague ぷよぷよ最強リーグとは?誰でも楽しめる大会の見どころについて
  3. valorant-chanpionship-2021 プロが解説!「VALORANT CHAMPIONS 2021」の…
  4. esports-not-popular eスポーツが日本で流行らないと言われる理由は何故?海外との違いは…
  5. how-to-progamer プロゲーマーになるにはどうすればいい?プロゲーマーの定義や知って…

ピックアップ記事

自作PC/BTO

  1. zisakupc
  2. shoshinsha-yarigachi
  3. yokooki

eスポーツ

  1. vctstage1
  2. valorant-chanpionship-2021
  3. reactionrate

ゲームコラム

  1. チーターとはどんなプレイヤー?ハッカーとの違いや遭遇した時の対処法とは
  2. fps-posture
  3. OBS

HADO

  1. zenith-the-last-city-capture
PAGE TOP